当院におけるリハビリテーションの流れ

①リハビリテーションの予約

医師がリハビリテーションの必要性があると判断するとリハビリテーション指示が出ます。患者様と担当理学療法士で日程調整を行って頂き予約をお取り頂きます。

※当院では完全担当予約制にてリハビリを行っております。

 


②リハビリ当日:問診

診察前に症状や受傷機転など、リハビリテーションを進めるにあたって必要な情報を聴取いたします。


③評価

症状に合わせて痛み、関節可動域、感覚、筋力などを評価いたします。

 

また、歩行や階段動作、スポーツ動作の確認も行い、痛みの原因を探ります。症状が出ている部位だけでなく、全身から原因を探し出していきます。


④治療

運動療法、徒手療法、関節可動域訓練、動作練習を通して治療を行います。マッサージだけで終えることはなく、必ず運動療法を行って問題となる動作の修正まで行っていきます。


⑤症状とセルフトレーニングの説明

症状の原因について理学療法士の見解をご説明いたします。骨模型やipadを用いてなるべくわかりやすく説明させていただきます。

 

また、必要に応じてセルフトレーニング方法も覚えていただきます。当院でのリハビリの時間よりも自宅で過ごされる時間が長いため、自宅でのケアはリハビリ効果を長続きさせるためにも重要です。